1/18〜1/24・朝だけレスプラ!今週のおすすめの朝習慣

最終更新: 1月25日

🌿今週の朝だけレスプラ・おすすめの朝習慣🌿

朝6時45分、固まりがちなお砂糖やお塩にポンと入れるだけ



忙しい朝に朝ごはんを作ろうとしたら、ストック調味料のお塩や

砂糖がカチカチになってる!なんてことはありませんか?


他にも、グラノーラやかつお節など乾燥させておきたい食品を

保存容器に入れ替えたら、湿気などで残念なことになんてことも・・・


このようにお塩の場合は、固まってしまったり、小石のように固まりがゴロゴロなんてこともありますよね。


市販のパックに入っている乾燥剤をそのまま入れておくのもありだと思いますが、

やっぱりプラスチック。直接口に入れるものの食品に長期間入れておくのも気になりますね。


よく使用されているのが、人気の珪藻土。浴室マットや水切りの他に、食品のドライキーパーや水筒の水切りにもよく使われています。しかしながら一部の商品では、基準値を超えたアスベストが検出されて、自主回収を行った会社もありました。


直接口に入れる食品だからこそ、プラスチック含め、素材が安心なもので調湿ができたらいいなと思い見つけたのが、住宅設備機器メーカーで株式会社LIXIL が開発したエコカラット(素材は多孔質セラミックス)


エコカラットって何??って話なんですが、我が家の玄関やトイレにも付いているのですが

このようなタイルとして壁面に利用されるもので、調湿機能がついていて、湿気が多いときは水分を吸収して、乾燥している時は放湿しながら、空間の湿度をちょうどよく保ってくれる素晴らしい機能を持った商品です。

しかも、珪藻土の約5倍の吸・放湿性のある調湿壁材!

こういう素材特性を生かして、生活雑貨に用途を変換させた商品がこちら↓


エコカラット ドライキーパー2個入 748円(税込)

✔︎ 株式会社LIXIL と 株式会社MARNAが共同開発したドライキーパー

✔︎ 塩・砂糖の容器内を調湿し、さらさらな状態に保つ

✔︎ 材質:多孔質セラミックス

✔︎ サイズ:約40×33×8mm

✔︎ 塩は湿度が高いと固まる → エコカラットの吸湿力でさらさらに。

✔︎ 砂糖は乾燥すると固まる → エコカラットの放湿力でさらさらに。

✔︎ 微量の粉がついている場合は、使用する前に軽く水洗い



これ、本当にサラサラになるの?


ということで、同じ場所で同じ容器で同じお塩で実験してみたところ!

エコカラットを入れたほうが、一目瞭然!フカフカです。


我が家は、他にも

かつお節やグラノーラなど、保存容器に入れています!

見た目も可愛くて、ちょこっと顔を出していても気にならないので、お気に入りです。


よかったら、試してみてくださいね!




実際使ってみた動画はこちら!









25回の閲覧0件のコメント