3/8〜3/14・朝だけレスプラ!今週のおすすめの朝習慣

最終更新: 3月22日

🌿朝だけレスプラ!今週のおすすめの朝習慣🌿

朝8時40分、かわいいミツロウラップ を作ってみよう!


毎日の生活習慣の中で、最もプラスチックの使い捨てをしている

なと自覚があるのが、やっぱりラップ 。


野菜を切った後の保存用にちょっと。

少しレンジで温めたいからちょっと。

とりあえずラップに包んでちょっと。


意外と消費量も多いし、急になくなると不便だなーと感じるアイテムの1つ。

シリコンラップやミツロウラップ、ふきんラップも試しているけど


シリコンラップは、その大きさと器が合わないこともあるし

ふきんだと便利だけど、保湿が失われがち。

市販のミツロウもいいけれど、やはりコストが高い。

1枚1500円くらいなど。リユースすると考えると、お得なのかもしれないけれど

もっと気軽にミツロウラップ があるといいなぁ。

そもそもミツロウラップ とは、布にミツロウや植物性オイル、天然樹脂を染み込ませた

ラップのこと。

手で温めると、みつろうが柔らかくなり、器や食材をぴたっとと包んでくれます。


もっと手軽に使えないかなーと思っていたら!

YouTubeでたくさん公開されていました。


そもそも、ミツロウラップって

綿100%の布切れ(20センチ角)と、蜜蝋ビーズワックスと、天然オイルだけで簡単に

できちゃうんです。


しかも好きな柄で!

ってことで、今週の朝だけレスプラで、可愛いミツロウラップ 作ってみました。


【材料】

✔︎ 綿100%の布切れ(20センチ角)

✔︎ 蜜蝋ビーズワックス

✔︎ 天然オイル(ホホバオイルやココナッツオイル、アーモンド油など)

✔︎ クッキングシート(布の2倍くらいの大きさ)


【作り方】

今回は、nunocoto fabricさんのこちらに掲載されている動画をみて作りました。

アイロンを使って、ミツロウを溶かして乾かすだけ。

https://book.nunocoto-fabric.com/19683


こんな感じですね。(オイル入れすぎだけど、少なすぎると布感が残って包みにくかった)

【作ってみた感じ】

✔︎ アイロン台の上に、新聞紙などを敷かないとベタベタになるよ

✔︎ ミツロウは少量でも溶けたらどんどん広がるので、真ん中に寄せるとよかった

✔︎ キッチンペーパーは写真のように、下を折り曲げるとしみでなくてよたった

✔︎ 清潔に保存したかったので、穴を開けてハトメしたらいい感じ

✔︎ 好きな布地でできるのでテンション上がります

✔︎ これは気軽に使えるので、もっと大きめのお皿用に作ってみたい


使う頻度や使い方にもよりますが、半年ほど使うとミツロウが落ちて柔らかくなり、

布っぽさが戻ってきた感じになったり、熱いお湯や合成洗剤で洗ってしまったものは、

特に落ちたり、ひび割れができたりもします。


そうなっても再び、はじめに作った手順を再度行い、復活させてまた使えるし、


いよいよダメになったら、細かくカットして土に戻すという、循環型ラップ!

最高ではないかーーーーー!

ぜひ試してみてくださいね!











4回の閲覧0件のコメント