4/26〜5/2・朝だけレスプラ!今週のおすすめ朝習慣

🌿朝8時45分、ちょっとした調べものは植樹しながら楽しむ朝習慣🌿


今日は、使いすてプラスチックを減らすアイディアではなく<番外編>で、ちょっと素敵なものを見つけたのでシェアしたいなと思います!


2009年ドイツで開発された検索エンジンアプリ<Ecosia>。

インターネットで検索をする際に、Ecosiaから検索するだけで、平均45回につき一本の木の植樹に貢献できるんです。


検索するたびに木を植えられる?ってちょっとびっくりでした。

どういうこと?と気になり調べてみました。



<Ecosiaの仕組み>


Ecosiaを使ってユーザーが検索すると、Ecosiaは広告収入を得られますよね。その収入のなんと80%を植樹活動を行なっている非営利団体「WWF」に寄付をして、その寄付によって植樹が進められているそう。


それ以外にも、通常の検索エンジンでは、1回の検索につき約0.2gのCO2が排出されるのですが、ソーラーエネルギーを導入することで、検索1回につき大気中のCO2を1kg取り除いているとのこと。


事業の運営だけでなくユーザーの検索時にもCO2を排出しない仕組みが支持され、世界中のユーザーがここ3年で急増しているそうです!


これまでに1億以上の植樹が実行されているなんて素敵ですよね。

下の図からも、インドネシア、スペインなどにも植樹されていることがわかります。



Ecosiaの使い方はとってもカンタン!


✔︎ GoogleやYahoo!などの検索エンジンと基本的な使い方は変わらない

✔︎ もちろん利用料金もなし

✔︎ まず『Ecosia』にアクセス

✔︎ 検索窓から普段通りに検索したい言葉を入れて検索するだけ

✔︎ 普段から検索エンジンを「Ecosia」に設定しておく場合は、ブラウザの拡張機能を使う(chromeに追加とかね)

✔︎ スマホなら「Ecosia」のアプリをダウンロードするだけ!



Ecosia自体は日本語に対応していないけれど、検索は日本語で使えるので、私はもう100回超えして使っています!


日本語でも検索できるし、例えば<morningbaton>って検索してみると、ほら!

サステなおこが出てきます笑



環境活動は毎日できるわけではないけれど、こうして毎日使っている検索習慣を、Ecosiaに変えるだけで、木を植えられるって嬉しいですよね。


すでに100回を超えていますが、検索するたびに、木のマークで検索回数が表示されるから、45回を越えるたびに嬉しくなっちゃう!

検索するのが楽しくなってきてしまう今日この頃です。



パソコンでもスマホでも使用できるのでぜひ、使ってみてくださいね!





2回の閲覧0件のコメント